知りたい!セルフオーダーシステム

セルフオーダーについてご紹介します

このサイトでは飲食店などのセルフオーダーシステムについての疑問を解決していきます。
どんなシステムなのか・使うときに知っておきたい基本的な知識、使うことでのコスト削減効果・主な機能について詳しく紹介します。
これはお客様が自分でメニューを注文するシステムで、客席でタブレットを使ったり食券機からの購入などが当てはまり、経営を行うときにも便利です。
オーダーミスもかなり減らせて、スタッフの聞き間違えや伝票ミスなどもなくなり正確に注文が出来ます。

飲食店などにおけるセルフオーダーシステム!あなたの疑問を解決します

飲食店などにおけるセルフオーダーシステム!あなたの疑問を解決します 近年、飲食店で増えてきているのがセルフオーダーシステムで、お客さん自身がタブレットなどを使い注文をするため店員の聞き間違えなども防げるだけでなく、ホールスタッフが少なくても店が回せます。
経営している店の受け入れが大きいほどお客の人数も増えていき、大人数の注文に対応するにはスタッフ数も増えてきます。
注文に素早く対応したいけどその分スタッフも増やさないといけないと悩みも解決できるのが、セルフオーダーで店員数が少なくてもこのシステムがあれば注文での手間も省けます。
少ない人数でも営業が可能になり人手不足に悩むこともなくなり人件費の削減にも繋がります。
さらにすぐに注文が出来るので業務の効率アップにもなります。

セルフオーダーシステムを導入するメリットとは

セルフオーダーシステムを導入するメリットとは セルフオーダーシステムを導入すると、どのようなメリットがあるかというと色々あります。
まずホールスタッフの人件費を削減する事が出来るという点です。
オーダーテイクがいらなくなる為、ホールスタッフの数は半分程度に減らす事が出来ます。
またスタッフを教育するコストも削減する事が可能です。
スタッフの数を減らす事で、教える側も教える量自体を減らす事が出来、その分他の業務に時間を割く事が出来るというのは大きな魅力です。
他にもオーダーミスやお客さんとのトラブルを減らす事が出来るというのもメリットの1つとして挙げられます。
セルフオーダーにすれば、お客さんが自分でオーダーするので、注文した料理が届かないとか違う料理が来た等のトラブルはなくなります。
もちろんシステムの使い方が分からないといったクレームは出る可能性がありますが、トラブルと比べれば大した事はありません。
それからメニューを印刷する必要がなくなるというのもメリットです。
その結果デザインや印刷費用はコストカット出来、メニュー作成時間も大幅に減少させる事が出来ます。
その為頻繁にメニューを変える事も出来るようになります。
あと外国語対応も簡単になるというのも魅力です。
外国人が来店した際、オーダーを取るのに苦労するスタッフも少なくありません。
しかしセルフオーダーにして、外国語切り替え出来るシステムがあれば外国人のお客さんもスムーズに料理を注文する事が出来ます。

セルフオーダー方式の導入が適切な業種とは

セルフオーダー方式の導入が適切な業種とは一体どのようなものでしょうか。
基本的なところを考えれば顧客から注文を受け付けて対応するような形態であれば何でも、このセルフオーダー方式の検討余地があると言うこともできますが、現時点での普及を考えれば飲食店が多いことは間違いないでしょう。
おそらく多くの人が飲食店に言った際に、かつてのように席についたときにはウェイターとかウェイトレスの人が出てきて注文を取る形ではなく、その席に設置されたタブレット端末のようなものを自分で操作し、欲しいものを選択するタイプのお店に行ったことがあるはずです。
接客するお店側も人件費が削減できますし、お客さんも自分のペースでゆっくりと選ぶことができるメリットがあります。
全く別の業種ではJRのきっぷについてもこの方式があり、昔はみどりの窓口で対面で購入していたものが、今では新幹線などの指定席券なども含めて券売機で購入できるようになっています。

セルフオーダーのメリットと回転率について

お店を維持するには店舗の必要なコストである、水道代や電気代やガス代や賃料などが毎月必要になりますが、経費の中で多数を占めるのが人件費だと言われております。
人件費を圧縮して毎月のランニングコストを下げることが、会社の運営を健全に行うためには必要不可欠なのです。
近年はデジタルを導入することで、人件費を削減する動きが見られます。
セルフオーダーの場合には、例えば飲食店ならば専用の端末を設置することで、お客さんは端末を通じて直接厨房にオーダーをすることで従業員の手間が1つ省くことが出来るのです。
セルフオーダーならばお客側も気軽に頼むことが出来るので、顧客単価が上がる傾向にあります。
また調理に人員を配置することで注文から提供までの時間短縮に繋がり、結果的に回転率が上がる効果も期待出来るのです。
逆にデメリットは、サービスが行き届かなくなったり、画一的なお店になってしまうことです。
バランスを大切にしてデジタルを導入することが推奨されています。

セルフオーダーシステムと人件費の関係について

セルフオーダーシステムとは、店舗などで客が注文する際に店員に注文をするのではなくテーブルに置いてあるタブレットなどの端末で注文するシステムを指します。
大手のファミリーレストランやカフェでも導入されていて、客が端末から商品を自分自身で注文していきます。
もちろん最初のうちはわからない客は店員が説明したり、必要であれば店員自身が注文を受け付けることが可能です。
このセルフオーダーシステムの最大のメリットは、人件費を削減することが可能になることです。
一定の顧客は店員の手を借りずオーダーすることができるため、フロアに必要な接客要因を減らすことが可能になるからです。
リピーターの顧客であれば、使い方も慣れてくるためさらに手間がかかることは減るでしょう。
システムを提供する業者ではアプリケーションを提供することが多いため、機材などの費用が発生するため人件費と比較してどちらが効率が良いかを選択することがポイントになります。

セルフオーダーシステム導入にあたっての費用相場

セルフオーダーシステムは来店したお客様自身がタッチパネルなどを使って頼みたい品を自分で入力するセルフオーダーシステムは、店員にとってはお客様をオーダー待ちさせることなく、お客様としても店員を呼ぶ必要が無くなり、経営者には人手不足解消と人件費削減につながるシステムです。
そのようなメリットいっぱいのセルフオーダーシステムを導入するため必要な費用相場をお伝えします。
最安値ですと、タブレット、プリンターやインターネット回線を用意すれば初期費用無料で端末1台当たり1,000円です。
ハードウェアにかかる費用は、すでにWiFiなど通信環境が整っていて、Ipadなどを用意できれば数万円から数十万円と初期費用を抑えられます。
コンサルティング料も不随しているような本格的な導入ですと、数百万円かかりますが、メニューやレイアウトの自由度が上がり、故障対応やデータ集計といったサポート体制も充実しています。
お店の規模や導入目的によって選ぶことができるのです。試験的に導入してみてから本格導入することも考えられます。

セルフオーダー方式の導入で時間の短縮を図る

セルフオーダー方式とは、顧客から注文を受け付けて対応する種々の業態において、注文を取る作業を自社の従業員ではなく顧客自身に行ってもらおうとするものです。
最近では飲食店においてお客さん自らが店内に設置されたタッチパネル式のディスプレイを操作し、欲しいものをオーダーする形式のお店がありますし、さらに進歩した形では店内にタッチパネルを設置するのではなく、お客さんの持っているスマートホンを操作してオーダーする形のものも出てきています。
このようなセルフオーダーであれば、注文を受ける時間短縮を図ることができますし、もちろんそれに必要な従業員の人数を減らすこともできます。
飲食店であれば調理などにより集中することができるようになるわけです。
これは顧客側にもメリットがあり、特に自分のスマートホンを操作する場合には、店舗に到着するよりも前にオーダーを済ませておくようなこともでき、店内での待ち時間短縮にもつながります。

飲食店の感染症対策に効果的なqrオーダーシステム

感染症の拡大により、あらゆる場面で感染症対策が求められています。
お客さまと店員の接触が避けられない飲食店は特に求められていて、qrオーダーシステムもその一つです。
qrオーダーシステムは、店舗から提示されたQRコードをお客さまが自分のスマートフォンで読み取り、そのまま注文する仕組みです。
注文を取るときは、スタッフがお客さまの座るテーブルまで行って口頭で伝えられます。
しかしqrオーダーシステムを導入すれば、スタッフがお客さまのもとに行く必要はありません。
スマートフォン経由でされた注文は厨房に届き、完成すればメニューを運ぶだけになります。
さらに注文した料理の料金は電子決済で行うようにすれば、レジでスタッフと接触する必要はありません。
お客さまとスタッフの接触を最小限にまで減らせるため、感染症対策には非常に効果的です。
またスタッフの負担も減らせるため、qrオーダーシステムは業務の効率化にも貢献します。

qrオーダーシステムで待ち時間を短縮する

qrオーダーシステムとは、主に飲食店で採用されているオーダーシステムです。
お客様自身が店舗に設置してあるQRコードを読み取り、開かれたページ上でメニューの閲覧、注文、合計金額の確認、店員の呼び出しなどを行うことが出来るシステムです。
一部のサービスではスマートフォン決済に対応しているものもあり、各テーブル上で決済を終えたらそのまま店から出ることが出来ます。
このシステムを導入することで、注文や会計といった従業員の業務をなくすだけでなく、それに付随する見回りや聞き間違いなどによるトラブル対応といった業務さえ削減できます。
こうした大幅な業務削減により、お客様の回転率を上げることができるので、結果的に待ち時間を短縮させることにも繋がるのです。
待ち時間を短縮できればもちろん売り上げも伸びますし、お客様の行列待ちのストレスを軽減させることもできるので、qrオーダーシステムの効用は計り知れません。
毎日行列ができる、もう今以上の売り上げは望めないのではないか、こういった既に人気のある店ほど、qrオーダーシステムは効果を発揮します。

qrオーダーシステムで業務の効率化を実現

qrオーダーシステムとは、主に飲食店で取り入れられている、業務効率化を目的としたオーダーシステムです。
各テーブルにQRコードを設置し、お客様の携帯端末で読み取ってもらい、読み込んだ先のメニュー画面で商品の注文、食事後の会計をすることができます。
qrオーダーシステムを導入することで、注文を受ける、レジを打って会計するといった業務がなくなり、それだけで従業員は多くの時間、負担から解放されます。
また、機械で作業することで注文の際の確認不足(数種類あるソースの中からどれを選択するか、ドリンクは食事と同時か食後かなどの確認不足)や聞き間違いをなくすことができるので、トラブル回避にもつながります。
さらに、今やどこの店舗でも導入されて当たり前となっているPOS機能ももちろん内蔵されているので、客層や売れ行き動向の把握も問題なく行うことが出来ます。
したがって、qrオーダーシステムを導入することでより効率的な仕事を実現することが出来るのです。

qrオーダーシステムとLINEとの連携でリピーターも獲得

qrオーダーシステムとLINEを連携することで顧客化やリピーター獲得につなげることが可能で、LINEは国内で8,200万人の利用者がいます。
他のデジタル会員登録と比べてハードルも低いため、来店後のリピーターがつきやすいです。qrオーダーシステムのメリットは、タブレット型よりも導入費用が安く、例えば食券式の機械だとボタン式は1台が50万円・タッチ式だと120万円もします。
タブレット型も1台は3万円から4万円と割安ですが、10席あると30万円から40万円は必要です。
qrオーダーシステムだと設置端末は不要初期費用も0円のところが多く、スマホから注文から決済までできます。
スタッフの人員コストを減らして、オーダーミスや消毒作業の軽減と効率化も可能、食券機などはお客が利用するので消毒作業が必要ですが、QRコード決済ならお客自身がスマホから注文するので消毒作業も不要でオーダーのミスもなくなります。
また、POSレジとの連携も可能で顧客からのスマホ注文ならリアルタイムでキッチン端末、レジにも連携することで自動的に売り上げ管理まで行えます。
注文ミスを防げて営業時間後のレジ締め作業なども手間がかかりません。

qrオーダーシステムと売上管理についてのポイント

qrオーダーシステムは名前のようにqrコードの読み取りに対応する注文の仕組みですが、売上管理を含めて興味深いといえるのではないでしょうか。
qrオーダーシステムはスマホ決済時代に求められて誕生した仕組みで、非接触注文のニーズもあって、近年注目度が高まり導入が進んでいます。
スマホがあれば利用できる利便性に加えて、qrを読み込むという誰もが慣れている簡単操作で済むことから、飲食店を中心に受け入れられているといえます。
使い慣れているスマホの画面で注文操作が行えるので、お客さんにとってメリットが大きいです。
一方ではお店側にもメリットがあって、POSレジと連動すること、売上管理が連動させられることが挙げられます。
注文を取るスタッフを減らせるので人件費が浮きますし、オーダーのミスが発生して対応に追われることも減ります。
何より営業を終えた後の売上確認の手間が格段に減るので、qrオーダーシステムはお客さんとお店の双方にメリットが豊富で導入を検討する価値が大きいといえるのではないでしょうか。

qrオーダーシステムを使った混雑解消とは

飲食店において食べ物以外で重要になってくるのが、人件費です。スタッフがいなければならないところはキッチンは必須ですが、オーダーを取って持っていく部分には疑問符が残ります。
つまりオーダーを取る部分は今の技術でなんとかなるのではないかという話であり、そこで実用が進んでいるのがqrオーダーシステムです。
スマートフォンは誰もが持つようになってきた世の中、それを使って注文出来るのがqrオーダーシステムで、初めてだと戸惑うかもしれませんが慣れてしまうと簡単なものです。
動くスタッフが少なくて済むというのは混雑解消にもなっており、導入する事で人件費の削減だけでなく混雑解消にも効果があります。
一部スマートフォンを持っていなかったり、操作が無理という人だけ注文を取りに行けばいいだけで、一度導入してしまうと使って行くにつれてその効果が出て来るかもしれません。居酒屋などの同じ客から頻繁に注文が入る形態では特に効果的で、導入が進んでいます。

qrオーダーシステムは飲食店以外でも使えるか

qrオーダーシステムは、飲食店に限らず飲食店以外でも活用することができるのです。qrオーダーシステムは、注文や支払いのプロセスをスマートフォンやタブレットを通じて行うシステムです。
このシステムは、飲食店だけでなく、カフェ、バー、居酒屋、ファストフード店など、様々な飲食業態で利用されています。それだけでなくイベント会場や展示会、宴会場などのイベント業界でも活用されています。
さらにQRオーダーシステムは飲食業以外の場面でも利用することができるでしょう。例えば、美容院や理髪店での予約やオプションの追加、エステサロンでの施術コースの選択、宿泊施設でのルームサービスの注文など、様々なサービス業において利用することができます。
QRオーダーシステムは接触を最小限に抑えることができるため、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策としても有効です。レストランやカフェ以外の施設でもQRコードを採用して顧客との接触を減らし、安心・安全なサービス提供を実現することができるのです。
したがってQRオーダーシステムは飲食店に限定されるものではありません。様々な業種や場面で利用できる柔軟性があります。顧客へのサービス向上や効率化を図りたい業態であれば、QRオーダーシステムの導入は検討する価値があるでしょう。

qrオーダーシステムは簡単に導入できるのが魅力

qrオーダーシステムとは、顧客がスマートフォンやタブレットを使ってメニューを閲覧し、注文や支払いを行うシステムのことですのです。
qrオーダーシステムは、テーブルやカウンターに設置されたQRコードをスキャンすることで、顧客はメニューや価格を確認し、オーダーを行うことができます。
注文は直接システムに入力され、キッチンやバーへの伝達がスムーズに行われます。支払いもオンラインで行えるため、現金のやり取りやカード決済の手間を省くことができます。
QRオーダーシステムの導入には、いくつかの利点があります。まず、顧客の利便性が向上します。自分のペースでメニューを選び、注文を行うことができます。注文のミスやコミュニケーションの不足が減り、正確でスムーズなサービスが提供できるでしょう。
さらにQRオーダーシステムは簡単に導入できるのが特徴です。QRコードの作成やシステムの設置、メニューのアップデートなどが比較的簡単に行えます。既存のPOSシステムや経営システムとの連携も容易で、効率的なオペレーションを実現することができます。
ただしQRオーダーシステムには注意すべきリスクも存在します。セキュリティ面では、不正なアクセスやデータ漏洩のリスクが懸念されますので適切なセキュリティ対策が必要です。

qrオーダーシステムを導入すれば客層もわかる

qrオーダーシステムは、顧客がスマートフォンやタブレットを使ってメニューを閲覧し注文を行うシステムです。このシステムを導入することで、顧客の注文履歴や嗜好に関するデータを収集することができます。
具体的には顧客がどのようなメニューを頻繁に注文するのか、好みの味付けやトッピングは何か、利用時間帯や来店頻度などの情報が得られます。これらのデータを分析することで、客層の傾向や好みを把握することができるのです。
例えば特定の商品やサービスが人気がある場合、それに関連するターゲット層を特定することができます。また、特定の時間帯や曜日に注文が集中する場合、需要のピークや繁忙時間帯を把握し、効果的なスタッフ配置やサービス改善につなげることができるでしょう。
さらにqrオーダーシステムは顧客とのコミュニケーション手段としても活用できます。顧客が注文や支払いをスムーズに行えるだけでなく、特典やクーポン情報を提供することで顧客の忠誠心を高めることも可能です。
ただしデータの収集と利用にはプライバシー保護に十分な配慮が必要です。顧客の個人情報やプライバシーを守りながら、データを分析し改善策やマーケティング戦略に活用することが重要です。

qrオーダーシステムはホールスタッフの負担を減らす

qrオーダーシステムは、スタッフの負担を減らせます。従来のレストランでの注文や支払い方法ではスタッフが顧客の注文を受けてメモを取り、キッチンへ伝えるという手順が必要でした。
支払いも現金やカードを受け取り、レジでの処理が必要でした。これには時間や労力がかかり、ホールスタッフの業務負担が増える傾向がありました。
しかし、qrオーダーシステムを導入することで、この負担を軽減することができます。顧客は自分のスマートフォンやタブレットを使ってメニューを閲覧し、注文を行います。
オーダーは直接システムに反映され、キッチンへの伝達がスムーズに行われるのです。支払いもスマートフォンやカードで簡単に行えるため、ホールスタッフが受け取る手間やレジでの処理が不要となります。
これによりスタッフはより効率的に業務を遂行することができるでしょう。オーダーの取り間違いや伝達のミスが減り、注文の処理時間も短縮されます。
顧客が自分で注文や支払いを行うことで、スタッフはより多くの顧客に対応することができ、サービスの質の向上につながるのです。
さらに、QRオーダーシステムはデータの集計や分析にも役立ちます。注文データや顧客の嗜好情報を取得することで、効果的なマーケティング戦略やメニューの改善に活用することができます。

セルフオーダーに関する情報サイト

qrオーダーシステム

新着情報

◎2023/8/28

情報を更新しました。
>qrオーダーシステムを使った混雑解消とは
>qrオーダーシステムは飲食店以外でも使えるか
>qrオーダーシステムは簡単に導入できるのが魅力
>qrオーダーシステムを導入すれば客層もわかる
>qrオーダーシステムはホールスタッフの負担を減らす

◎2022/10/26

情報を追加しました。


>飲食店の感染症対策に効果的なqrオーダーシステム
>qrオーダーシステムで待ち時間を短縮する
>qrオーダーシステムで業務の効率化を実現
>qrオーダーシステムとLINEとの連携でリピーターも獲得
>qrオーダーシステムと売上管理についてのポイント

◎2021/12/23

情報を追加しました。


>セルフオーダー方式の導入が適切な業種とは
>セルフオーダーのメリットと回転率について
>セルフオーダーシステムと人件費の関係について
>セルフオーダーシステム導入にあたっての費用相場
>セルフオーダー方式の導入で時間の短縮を図る

◎2021/9/17

安価な費用で導入できる
の情報を更新しました。

◎2021/6/30

サイト公開しました

1人自動運転システムも通常機械制御同等に超高速(msオーダー)で動くべき。人間の素晴らしい知能であれば、100ms程度の処理速度でも対処可能だろうけど、AIの統計処理では、誤認が多すぎてまともに運転できないのが現実。頭が悪いwなら、LIDARなどの光の杖で虱潰しに超高速に力業で対処するしかない。

やこね初めてのガーデンオーダー、「ダイ・ハード・ホステージ」完!! いやー…おもしれーシステム、おもしれーバディ、おもしれーエネミー、おもしれーNPC、おもしれーシナリオ!楽しかったー!!

ゼノ先生の誕生月だったし普通に美味しかったしテンション爆アゲだった記憶しかない モバイルオーダーで名前入れてもらったのが我ながら最強 モバイルオーダーシステムマジでありがとう

藤ヶ谷くんついにモバイルオーダーシステム使う日が近いかな😁

飲食店に11時20分頃入店して、QRコード読み取ってスマホで注文するシステムだったんだが、注文後40分待たされるのはどうなの??オーダーが通ってるのか疑うよねえ?レビューにコース料理の出てくる間隔が空きすぎるとか、2時間以上かかってデザートが出てくる前に店を出たとか書かれてるんだよねえ😅

-->